Axel Games > 01:レビュー > リッチゲーム > ピクトロジカ ファイナルファンタジー レビュー ロジックパズルでFF。デキが良くて楽しい!

ピクトロジカ ファイナルファンタジー レビュー ロジックパズルでFF。デキが良くて楽しい!


お絵かきロジックとFFの世界観が融合

Th DropShadow ~ pictFF01
ピクトロジカ ファイナルファンタジー
価格:無料
appstore_buttongoogleplay_button220

ピクトロジカ ファイナルファンタジーってどんなゲーム?

パズドラ型で、パズル部分がお絵かきロジックパズルになった作品。
ファイナルファンタジーのドット絵キャラが勢ぞろいし、BGMも全てFF!

ロジックパズル部分が少々とっつきにくいものの、慣れればテンポの良さと奥の深さでかなり楽しめる作品になってます。

FFキャラ総出演のため、FFファンゲームとも言えますが、ベースはしっかりしているため誰でも楽しめますよ!

【PR】



ロジックパズルは5×5の簡易ルール

Th DropShadow ~ pictff03  1 パズドラ同様ステージ形式で、最初のステージロード時に結構なボリュームでストーリーが語られます。
ただ、私の周りでちゃんと読んでる人が皆無w

厨二系好きな私は全部読んでるんだけど、後半疲れましたw

Th DropShadow ~ pictff04  1 で、各ステージはバトル3〜5戦で構成され、バトルはお絵かきロジックパズル形式です。

5×5マスなので何かの絵になるわけではなく、ランダムなドットになります。

Th DropShadow ~ pictff05  1 「5」はその一列全て塗ることを表しているので、まず「5」の列か行を全塗りします。
また「1 2」は、1マス塗って1マス開けてまた2マス塗るという構成を表します。
なので、「2 2」も「5」同様塗る位置は確定しますので、「2 2」も先に埋めます。

なお、このマスを塗る際、個別にマスをタップではなくスライドすることでも塗ることができます。「5」など連続している箇所は、サーッと指をスライドさせればOKです。

Th DropShadow ~ pictff06  1 自軍は4人+フレンド1人の5人構成で、上から5行で順に並びます。

で、横の行単位で全て埋まればそのキャラが画面上部に移行して攻撃体制に入ります。

Th DropShadow ~ pictff07 この例だと、一番上の行と4番目の行が埋まったので、狩人とモンクが上部に移動しています。
一方2番めの黒魔道士は2行目で塗る場所を間違えているので、しょんぼりドット絵になっています。

このように横の行でミスった場合はそのキャラはそのターンはお手つきで攻撃できなくなります。
全てのマスを埋めたら、自軍の攻撃ターンに入ります。

Th DropShadow ~ pictff08 敵は複数で出てくるので、攻撃したい敵を必ずターゲットします。
AIの攻撃順はかなりアホでバラバラに攻撃するので、しっかりとターゲットしないといけません。

また、このスクショでは飛んでる敵に弓矢で攻撃すると赤い↑が出ていますが、弱点&耐性設定されているので、後半は敵の構成に合わせて職業を入れ替えるようになります。

メメントチェーンを使いこなそう!

まず一言・・「メメントチェーン」って何やねん?w

Th DropShadow ~ pictff09 5×5マスの下に「力」「知恵」「祈り」「守り」とタップで切り替わるボタンがあります。
これはバトル時の基本値を決め、かつ装備した魔法や技の使用カウントを減らします。

例えば、「力」に設定すると、自軍キャラの攻撃力にボーナスが付き、かなりダメージが増えます。
一方、「知恵」にすればBREAKのバーが貯まるのが速くなりますが、その分思考中に減るのも速くなるので、事前にどう塗るかイメージしておかなくてはなりません。

「祈り」は僅かな量のHPを回復しますし、「防御」は喰らうダメージが減ります。

リメントブレイクを狙って一気に倒せ!

Th DropShadow ~ pictff11 敵を攻撃する度にBREAKゲージが貯まりますが、「力」だと少しづつ貯まり、「知恵」だと一気に貯まります。
で、ゲージが満タンになると「BREAK!!」となって全てのアクションが150%(1.5倍)になります。

しかも、次第に減るゲージが残る間は攻撃が全てチェインとなってこの倍率がドンドン上がっていきます。

Th DropShadow ~ pictff12 200%、300%・・・とドンドン上がるので、ボスなど強敵が最後に出てくるステージでは、このBREAKの倍率を上げた上で強敵に入るようにすると攻略できたりします。

このリメントブレイク自体は、後半までは無理に使わなくとも勝てますが、次第に厳しくなるので積極的に狙いたいところです。

この場合、まずステージの最初のバトルの1手目では「知恵」にします。
「知恵」だと、BREAKゲージが一気に伸びる分、パズルを開始した後の減る速度も猛烈です。モタモタしてると逆にマイナスになりかねません。

しかし、一番最初でBREAKゲージがゼロの時はそれ以下に減らないので、ゆっくり考えてもOKです。よって初手で「知恵」は必須です。

Th DropShadow ~ pictff13 また、全ての列と行が全て「5」となるボーナスがたまに出ます。
この場合も「知恵」にして一気に塗れば、BREAKゲージをあまり減らさず攻撃に移れます。

この辺をうまく使ってBREAKゲージを貯めて、ステージ中盤でリメントブレイクを発動させると、最後のボスや強い設定の敵と勝負できます。

魔法は「力」か「祈り」にセット

残念ながら魔法職は現状かなり攻撃力が弱く、物理系キャラがメインになります。
ただし、ケアル等の回復系魔法は「力」に設定するなど使いようがあります。

Th DropShadow ~ pictff14 魔法はストーリークエストで最低限のモノが出ます。また曜日クエ等のドロップで他の魔法や高位魔法が出ます。

Th DropShadow ~ pictff15 魔法や防具、指輪などは4つあるスロットに装備できますが、雑魚ユニットは2つまでなどの制限があります。
武器のみ武器スロットに配置します。

この4つのスロットですが、「力」「知恵」「祈り」「守り」となっていて、魔法のように発動までの必要チャージ数が設定されているものは、そのモードの時のみチャージ数が減っていきます。チャージゼロで任意に魔法を発動できるようになります。

Th DropShadow ~ pictff16 つまり、「力」に「ファイア」を設定した場合、メメントチェーンの「力」で攻撃した時のみファイアのチャージが減ります。チャージは1マス塗る度に1減り、そのキャラが(横一列揃って)戦闘準備で移動したらチャージは減りません。

なので、普段良く使うメメントチェーンに魔法をセットしないといけません。
通常は「力」と「祈り」を多用すると思うので、このどちらかに魔法をセットします。

なお、魔法のレベルを上げると必要チャージ数が減って発動させやすくなりますが、上位魔法になるわけではありません。つまり、ファイアがファイラになるわけではありません。

Th DropShadow ~ pictff17 また白魔道士の「力」にケアルを装備すれば、「祈り」を使わず「力」だけで押せたりもします。

まあ中盤からは魔導系の物理が弱すぎて、物理攻撃キャラと「祈り」で力押しする方が強かったりしますが・・

また、BREAKを早めに出せるなら、「知恵」に魔法をセットするなど、手駒と敵に合わせたセットアップができて思いの外奥が深いツクリになっています。

ガチャはプレート鉱床で

ノーマルガチャは4時間に1回無料で引けるようになっていて、有料ガチャはモーグリに探索してもらうというメニューになります。

Th DropShadow ~ pictff18 これは有料ガチャで、最初に1回、その後は300ジェムで1回引けます。

ジェムはパズドラほど貰えるわけではないのですが、オープン記念で100×3ジェム貰え、ストーリー上の要となる部分でクリア報酬で少しづづ貰えます。

Th DropShadow ~ pictff19 ユニットはこの探索でしか入手できず、ステージクリアの報酬では武器や合成材料、転職の証しか出ません。

また課金ガチャからはクラウドやアーロンなどのネームドキャラが出るようですが、私がゲーム内ゲット分と微課金分で10回程回してもゴミばかりでネームドは出ませんでした・・・

キャラの育成は合成とバトル参加

Th DropShadow ~ pictff22 ステージをクリアして経験値を得ると、まずプレイヤーのランクが上がります。

プレイヤーランクが上がると、スタミナが増えます。

Th DropShadow ~ pictff23 また、そのバトルに参加したキャラ(最大4人)にも個別に経験値が入ってレベルが上がっていきます。

Th DropShadow ~ pictff27 またユニット合成でも成長させることができます。何故か「フュージョン」などというややこしい単語が使われます。
同じユニットを合成させると若干ボーナスが付きます。

このようにユニットの育成は、バトルで使うこととユニット合成の2つをうまく使って行います。

ガチャと合成でレベルがあがるカード系とは違って、RPG同様使うことで成長させられるようになっています。

進化させてクラスチェンジ!

Th DropShadow ~ pictff28 各ユニットはLvMAXまで育てると、そのジョブを更に強化するか上位ジョブにチェンジするか選べます。

戦士Iは戦士IIとナイトIIにチェンジできますが、戦士IIにするとナイトIIへの上位チェンジができなくなるので要注意です。

Th DropShadow ~ pictff29 他のクラスへの転職にはそれぞれの「証」アイテムが必要で、これはスペシャルダンジョン「メモリア神殿」で入手できます。

ただしランダムドロップなので、出るまで何回か潜る必要があります。

Th DropShadow ~ pictff30 またレッドドロップも同様にスペシャルダンジョン「メモリア神殿」で出ますので、2個集まるまでは何度か潜りましょう。

Th DropShadow ~ pictff31 有料ガチャで★2ばかり出るのに、雑魚の★1からの簡単転職で★3になって萎えましたw

武器も育成しグレードアップしていこう

Th DropShadow ~ pictff24 各キャラには専用の武器が設定されていて、この武器も強化&グレードアップできます。

素材は武器とミスリルやゴールドと言った鉱石です。一度に10個まで素材を指定できますが、この「ピクトロジカ ファイナルファンタジー」ではできるだけ10個のフル素材で合成しましょう。

というのも、合成の際に元素が必要で、これが武器レベルに応じてどんどん必要数が上がります。

必要な元素は武器毎に決まっていて、こまめな合成をすると特定の色の元素が全然足りなくなります。
なので、所有枠を少し増やした後、できるだけ10個づつ合成するようにします。

Th DropShadow ~ pictff25 武器のグレードアップでは、ジョブチェンジ同様レッドドロップやグリーンドロップが必要です。

Th DropShadow ~ pictff26 なので、主にジョブチェンジ用のスペシャルダンジョン「メモリア神殿」でゲットしておきます。

元素はピクトロジカを毎日プレイしてこまめに補充を

Th DropShadow ~ pictff32 毎日1回だけボーナスが貰えるピクトロジカは、所持ユニットが増えるとその種類が増えていきます。

一度でもゲットしたユニットならばその問題にチャレンジできます。

Th DropShadow ~ pictff34 なお、狙いは女性キャラで、女性キャラの場合は各色の元素が20個貰えます。男性キャラは全て100ゼニーでほぼゴミなのでやる気になりませんw
なお、モーグリにヒントを貰っても報酬は減りませんし、ミスってもペナルティはありません。

なので、ヒントを貰ってちゃっちゃと終えるのがいいでしょう。

サクサク遊べてクオリティは高い

最近出たメーカー系ゲームはクオリティが低くて、バグだらけやサーバーダウン、巻き戻りなどあれれ?なものが多くありました。しかしこの「ピクトロジカ ファイナルファンタジー」は、自社のスクエニマーケットで先に出して様子を見たのもありますが、非常に安定しています。

また、5×5と簡略化したことでロジックパズルでありながら非常にテンポが良く、1ステージ当たりの長さも丁度いいです。

サクサク遊べますし、中盤以降である程度飽きが来た頃でも、スタミナ消費がストレスなくできていいバランスだと思います。

Th DropShadow ~ pictff33 ドット絵やBGMはファイナルファンタジーですし、お!この曲が!!みたいな嬉しいサプライズもあって、FFファンなら十分過ぎるくらい楽しめるでしょう。

上手く作ったなあという感想です。

もちろんダメな点も多々あり

全体的には非常に素晴らしいゲームだと思いますが、細かい点ではあれれ?と思うところも多いです。
まず、世界観に凝り過ぎというか厨二過ぎと言うか・・

Th DropShadow ~ pictff35 キャラが「メモリア」、合成が「フュージョン」、アイアテム合成が「錬金」、さらにはメメントチェーンやリメントブレイク、テキストだらけで語られるストーリーなど、専門用語が多すぎます。
正直ツクリテの押し付け一直線でユーザー置いてけぼりというか。

最初ガチャがどこか、どうしたら合成素材をもっと得られるのかとか全然ワカラナイし・・

そもそも知り合いにゲームタイトル教えるのに「ピクトロジカ」とか言っても、言う方も聞く方も「は?」みたいな感じで全然伝わらないw

Th DropShadow ~ pictff36 まさに「パルスのファルシのルシがパージでコクーン」を思い出しましたよw

確かにお絵かきロジックベースなので、「ピクトロジカ」なんでしょうけど、もう少し分かりやすいネーミングの方がスマホではいいと思うし、理解しづらい単語のオンパレードもツクリテが思う程世界観の醸成に寄与してないかと。

Th DropShadow ~ pictff37 さらにユニットやアイテム枠が少な過ぎ、かつユニットはガチャでしか入手できず、イマイチ育成感に乏しいのも問題です。
しかもせっかくネームドキャラを実装しているのに、あまりに絞りすぎて課金して回す価値が見いだせないのがもったいない。

こういうキャラゲー、ファンゲームにおいては、課金で好きなキャラが弱くても出てくることが重要です。

現に、FINAL FANTASY ALL THE BRAVESTでは課金すれば確実にネームドキャラが買えたわけですが、この時は嬉しくて全部買い揃えましたし・・・

最強厨向けと利益のために当たりキャラの確率は下げてもいいですが、せめて課金したらそれなりの確率でハズレでもネームドを出して欲しいですわ。

Th DropShadow ~ pictff38 もう1点、先に書きましたが、魔法系キャラが弱すぎて使い物になりません。
後半、魔法しか効かない敵とか出てくるにせよ、あまりに産廃な現状ではさすがに切なすぎです。

この辺はもっとテコ入れしないといけないでしょうね。

とまあ、残念な点もありますが、この辺はいくらでも調整できますし、コアの部分で致命的なバグや仕様はあまりない気がします。非常にソツなく作ってあり、もともとドット絵キャラには魅力あるFFブランド背負ってますから、ヒットする素地はかなりあると思います。

もっといろんなネームドキャラや職業を入れ替えて遊べるような展開になれば、私はどっぷりハマリそうです…


ピクトロジカ ファイナルファンタジー
価格:無料
appstore_buttongoogleplay_button220

オススメリスト ミッドコア編

スマホゲーマーならチェックして欲しいタイトルを並べました。
[ミッドコア]から飛べます!

AxelGames_オススメ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
The following two tabs change content below.

@J_Kumagai

Axel Games運営者兼ライターの熊谷です。 スマホゲームに特化して遊びまくっています。 なお、現在Axel Gamesではライターさん募集していますので、もし興味ある方いらっしゃいましたらメール下さい!(axelgames00[@]gmail.com)


One Thought on “ピクトロジカ ファイナルファンタジー レビュー ロジックパズルでFF。デキが良くて楽しい!

  1. Pingback: 【ピクトロジカ ファイナルファンタジー】レビュー 攻略Wikiの情報をまとめてチェック

コメントいただけると嬉しいです!

Post Navigation