Axel Games > 01:レビュー > カジュアル > NANACA†CRASH レビュー 往年の名作FLASHゲーが帰ってきた!やっぱハマるわ!!

NANACA†CRASH レビュー 往年の名作FLASHゲーが帰ってきた!やっぱハマるわ!!


スマホ時代に再度ブームになりそうな予感!

Nanakacrush2 002
NANACA†CRASH
価格:無料
appstore_buttongoogleplay_button220

NANACA†CRASHってどんなゲーム?

10年近く前にPCのFLASHゲームとして大ヒットしたカジュアルゲームで、往年の大傑作「CROSS†CHANNEL」のスピンアウトゲームでもあります。

主人公の黒須太一を蹴っ飛ばしてどこまで飛ばせるかを競うだけの単純明快なゲームです。

重力で落ちてきて減速する主人公を、各キャラが持つ技で止まらないよう延々とぶっ飛ばしていきます。
テクニックと運が両立した時の大飛距離を出した時の爽快感は10年経っても全く色褪せないゾ!

【PR】



主人公 太一を蹴って殴って飛ばしまくれ!

Nanakacrush1 003 昔PC版をプレイした方なら全く同じなので、1回やれば蘇ってくるでしょう!

やったことない人でもすぐに慣れます。

Nanakacrush1 004 まずは、0〜90°で矢印が動くので、30〜60°の範囲でタップして角度を決めます。
この時タップした指を離さず、そのままタップしておきます。

Nanakacrush2 001 そうすると、パワーメーターが扇型の中で増減するので、最大パワーで指を離します。

これで太一センパイはZuBAAAAAN!!とぶっ飛ばされます。
酷すぎw

Nanakacrush1 005 あとは地面に落ちてきた時に各キャラと接触すると、様々な技でぶっ飛ばされます。

Nanakacrush1 010 ぶっ飛ばし系キャラはは3人それぞれで、加速する際の角度が異なります。

Nanakacrush1 006 男性キャラは、角度が真上に近くなったり減速したりと基本的にペナルティキャラです。
特にほぼ真上に打ち上げられてしまう、カレーパン先輩こと桜庭がやっかい。

Nanakacrush1 007 また、次の接触をガードするキャラもいて、ペナルティ回避できる反面、ラッキーパンチもガードするので諸刃の剣ですね。

Nanakacrush1 008 見里はその場で強制停止で、どんな速度でもその胸で受け止めてしまいますw

しかし、一方でコンビネーションアタック発動で最大の加速度を出すキャラでもあり、記録には欠かせないキャラですね。

Nanakacrush1 009 また、唯一プレイヤーが太一に干渉できる技として、エアリアルがあります。

背景の樹よりも高いところで画面内に太一がいると、タップでエアリアルを発動できます。

Nanakacrush1 014 上空で更に加速させることができますが、太一が上昇している時と下降している時とで発動条件が異なります。

上昇エアリアルは、赤い矢印の本数分発動でき、太一が下降時に発動します。
下降エアリアルは地面でバウンドしたりキャラに飛ばされると貯まっていきます。100%の時、上昇時に発動します。

Nanakacrush1 015 重要なのは下降エアリアルで、コンビネーションアタックが発動するのに合わせて、その対象キャラめがけて地面にぶつける使い方になります。

Nanakacrush3 002 コンビネーションアタックが出ると、一気に速度と高度が回復するので、如何に定期的に発動できるかが記録のカギになります。

なお、各キャラのぶっ飛ばし角度やペナルティ要素の詳細は、以下の「NANACA†CRASH!!攻略メモ」さんに詳しく載っています。

Nanakacrush4 001
NANACA†CRASH!!攻略メモ

また以下の動画で驚異的な記録を出されています。
コンビネーションアタックの狙い方などよく分かるので(だからと言ってマネできないけどw)、記録を狙うなら是非この動画もチェック!

NANACA†CRASH!!over150kmその1


これ、その1だけで30分以上あるんだけど、延々見てしまう・・w
なんと全部見たら2時間超え!!

Nanakacrush3 001 ということで、カジュアルゲーとしては何年経っても色褪せない非常にクオリティ高い作品になっていますね。

完全にPCよりもスマホ向きの作品なので、是非カジュアルゲーマーさんには遊んで貰いたい作品です!

NANACA†CRASH
価格:無料
appstore_buttongoogleplay_button220

あとがき

昔PCでやった時は、コンシューマとアーケードが主戦場でFLASHゲーム自体あまり好きではなかったので、結構面白いね、コレ・・程度の感想でした。

散々スマホのカジュアルゲーをやった今これで遊ぶと、いろんなバランスが凄く考えられていて感心させられました。

太一の角度と速度で、各キャラのぶっぱ範囲がちゃんと補正されるなど、凄く芸が細かいからこそ遊んでて気持ちいいんですねえ・・いろいろ勉強になりますわ。



オススメリスト ミッドコア編

スマホゲーマーならチェックして欲しいタイトルを並べました。
[ミッドコア]から飛べます!

AxelGames_オススメ


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
The following two tabs change content below.

@J_Kumagai

Axel Games運営者兼ライターの熊谷です。 スマホゲームに特化して遊びまくっています。 なお、現在Axel Gamesではライターさん募集していますので、もし興味ある方いらっしゃいましたらメール下さい!(axelgames00[@]gmail.com)


コメントいただけると嬉しいです!

Post Navigation